光陰矢のごとし。若さは消耗品です。

老化というものを考えたときやはり20代と30代の間には壁があります。

でも40代の人に聞くと40代はさらにガクンと落ちるといいますし、親に
話を聞くと60代、祖母の場合は90代で元気がなくなったように思います。

いずれにせよピチピチと肌も体もフレッシュで、疲れ知らずでいられる
のは10代と20代のうちだけだってことです。

そう考えると人生80年と考えても50年近くは「重い」「だるい」「辛い」
という3重苦と付き合っていかないといけないわけです。

お釈迦さんは長生きすることを「無間地獄」と評しましたが本当に
その通りだと思います。平均寿命なんて延びてもいいことないです。

そんなわけで今日が一番若い日という意識を持って1日1日を大切に
生きないと人生ダラダラと過ごしてしまって後悔する羽目になります。

できるだけ若さと健康を維持すべく、食事と運動と睡眠に気をつけて
30代はエイジングケアを頑張らないといけません。

というかもう11月も半分終わって2013年も終わりですよ。。。。

このブログ記事について

このページは、投稿が2013年11月17日 21:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目元のたるみとくすみには日々のホームケアで対応」です。

次のブログ記事は「カレー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja